20200421205311

ざっくりとアミノ酸から

f:id:asimomiloop:20200806125741j:plainこの栄養ブログのタイトルをつけてみました。

「家族のための、家庭の栄養学」

毎日の献立を考えるのって、本当に大変。

朝から夜の献立のこと考えていますもん。

そして、
パスタにしたらうどんが良かったのにと言われた。


今日はざっくりとアミノ酸から書いていきます。

アミノ酸
BCAA、アルギニン、グルタミン酸トリプトファン、シスチンなど...

人体を構成する最小単位の物質。
体の20%を占めるたんぱく質を構成し、細胞や髪、肌、筋肉、臓器、爪はもちろん遺伝情報であるDNAも20種類のアミノ酸から作られています。

11種のアミノ酸は体内で合成できますが、残りの9種類は体内で合成できないので食事から摂取しなければなりません。

体内で合成できないアミノ酸を、必須アミノ酸
合成できるものを非必須アミノ酸と呼びます。

肉や魚、卵などのたんぱく質は、体内でアミノ酸に分解、吸収されて体に必要なたんぱく質に再合成されますが、ひとつでも足りないアミノ酸があるとたんぱく質の合成は上手くいかなくなる可能性があります。


アミノ酸たんぱく質なのですね。


【ビタミン】
ビタミンA、C、E、B群

たんぱく質や炭水化物などの栄養素がエネルギー代謝に使われるためには酵素を必要とします。
ビタミンは、それら酵素の働きを助ける重要な役目を担っています

・ビタミンが不足すれば酵素が上手く働かず、生態活動にきしみがでます

・体内で十分に作り出すことはできないので、食べ物から補給しなくてはいけません


効率よく代謝させる為に欠かせないものですね。

【ミネラル】
カルシウム、鉄、カリウム亜鉛、セレン……

・体内を弱アルカリ性にして、体の抵抗力が弱まるのを防ぎ、病気になりにくくする。

体が酸性化してくると、体臭や口臭がひどくなり、虫歯リスクも高まる

・生体組織(骨、歯など)の構成成分

・新陳代謝の促進、ビタミンの働きや、吸収を補助する

・数種類での摂取により効果が上がる


ビタミンミネラルが不足すると太りやすくもなるということですね。


子供は臭くないのに、おっさんおばさんになると臭くなるのは、体が酸化しているからなのですね。

一生子どものような体でいたい。
さびたくないな…


次回は、ビタミンAを細かく見ていこうと思います。